ホサンさんの次回作演劇「Frozen」

ホサンさんの次回作が決まりました。韓国初演となる演劇「FROZEN」です。

アナと雪の女王みたいなタイトルですが、内容はスリラーな心理劇みたいです。

「韓国内初演となる演劇Frozenは劇作家ブリオニー・ラベリの代表作で1998年英国・バーミンガムレパートリー劇場で上演された後、同年にTMAアウォード作品賞を受賞し、2004年にトニー賞の主演男優賞を受賞し、評論家の好評を得た作品だ。

連続殺人で子どもを失った母親、子ども時代の両親からの虐待を受け連続殺人犯、多様な事例の殺人犯を研究する医師の人生をゆっくりと交差させながら、人間の心理的な葛藤と犯罪を描く演劇だ。特に独白を通しなめらかでありながら強烈な許しという信念について論じる予定だ。

連続殺人で子どもを失い劇的な心理葛藤と感情麻痺を見せる少女の母親ナンシー役には劇団メンシアターの代表で俳優のウ・ヒョンジュが演技する。

連続殺人犯で児童虐待を受けたと疑われる小児性愛者ラルフ役は俳優パク・ホサンとイ・ソクジュンが代わりばんこに演じる。演劇盗まれた本、デストラップ、ジュリアス・シーザーなどを通して線の太い感情演技を見せる俳優パク・ホサンとマダムバタフライ、スティディーレインなどを通して人物の繊細な感情を密かに表現してきたイ・ソクジュは、今回の演劇で罪の意識もなく犯罪を犯すラルフ役で人物の心理的な葛藤をさらに深く表現する予定だ。

良心の呵責なく犯罪を犯す連続殺人犯を研究する精神科医アグネス役には演劇14人のチェーホフ、カモメ、桜の園などで存在感のある演技力を見せ、信頼できる俳優として地位を固めたチョン・スヨンが扮する。

Frozenは今年6月9日からアルコ芸術劇場小劇場で開幕し、5月7日午前11時に公演芸術センターとインターパークを通してプリビューチケットがオープンする」



今年は演劇の仕事が多いと言っていましたが、「盗まれた本」に続き今年2本目の演劇です。
内容は暗くヘビーですが、ホサンさんの鬼気迫る演技は楽しみです。
演出もジュリアスシーザー、Mナビなど今人気のキム・ガァンボさんなので期待できます。
6月はミュージカルの大作だらけで興行的には厳しいでしょうから、なんとか見に行って応援したいです。
[PR]

by fwik0767 | 2015-04-21 20:36 | 박호산  

<< 第40回韓国語能力試験 데스노트(デスノート)チケット... >>