2015年韓国ミュージカルラインナップ

2015年が始まっていますが、今年の韓国ミュージカルラインナップを整理しておきます。

今年は例年にくらべライセンス、オリジナルともに再演が多い印象。
2~4月までラインナップが貧弱。目星しいのはドリームガールズぐらいかな。
アガサもありますが、ソミンさんではないので興味なし。

さらに毎年必ず上演されていた「Hedwig」と「スリル・ミー」がないのでいまいち興味がわきません。
その代わり、「女神様が見ている」「マイバケットリスト」「イケメン青果店」など日本で人気の公演、俳優さんが出演する作品が再演が目立ちます。(マイばけ、イケメンは公演期間、劇場が未定ですから公演されるかは不明ですが)

初演で目を引くのは、やはり日本の人気漫画が原作の「デスノート」でしょうか。当初の制作会社ミュージカルヘブンが事実上経営破綻しどうなるかと思ったら、JYJのジュンスが所属する会社が制作を引き継いだそうです。オーディションも実施されるそうなので公演は確実でしょう。ただ劇場が城南で遠すぎます。


戦後70年、日韓国交正常化50年という節目からでしょうか、「英雄」「明成皇后」「失われた顔1895」と、日本人であることがいたたまれなくなる作品が並びます。歴史と文化は別という意見には賛成ではありますが、それでも時折、一方的な歴史観や意見の押しつけにはうんざりする時もあります。出演俳優によっては見に行かれる方もいるでしょうが、くれぐれも劇場での振る舞いにはご注意を。

個人的に楽しみなのは「兄弟は勇敢だった」「ジーザス・クライスト・スーパースター」と「デストラップ」かな
ホサンさんが兄弟に復活してくれることを希望。

e0148690_1843940.jpg

[PR]

by fwik0767 | 2015-01-05 18:56 | 韓国ミュージカル&演劇  

<< 0110러브레터(ラブレター) 夢のChristmas パク・... >>